12:10-12:30
講師
島田 啓介
タイトル
すべてのものとのつながりを感じる 〜食べる瞑想〜
概要
マインドフルネスの食べる瞑想では、まず自分に帰って自分につながり、食物を深く味わいながら食物とつながり、食物を通して万物とつながります。オンラインですが、一緒にいただく方たちとのつながりも感じながら、深く豊かなご縁を広げていきましょう。そのとき、一口ひとくちがパラダイスになります!
当日準備するもの
普段食べている食べ物、飲み物、くつろげる空間

講師紹介

島田 啓介
プロフィール
翻訳家・大学講師・精神保健福祉士
丹沢の山里でワークショップハウス「ゆとり家」を主宰し、農的な暮らしを営みながら心と体の癒しの提供に取り組む。1995年ティク・ナット・ハン来日ツアーの世話役のひとり。マインドフルネスをテーマにした講演、研修、講座などを各地で行っている。翻訳書や雑誌などへの執筆多数。著書に『奇跡をひらくマインドフルネスの旅~ありのままの自分に帰り豊かに生きるための20のレッスン』(2019サンガ)、翻訳書に『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』『ティク・ナット・ハン詩集~私を本当の名前で呼んでください』(野草社)など多数。
その他活動紹介
丹沢の里山にある「ゆとり家」を拠点に、妻とともに心と体を育むマインドフルネス瞑想、ヨガや気功のワークショップを展開中。現在はオンラインが多いですが、徐々にゆとり家の自然の中での講座や、出張での講座や講演を始めています。
また、マインドフルネス関係の書籍の翻訳や執筆を行い、個人の瞑想コースやカウンセリングも行っています。詳しくはゆとり家のウェブサイトへ
https://www.yutoriya.net/